WordPress

WordPressをローカル開発環境にインストールする

投稿日:2014年5月3日 更新日:

wordpress-install

XAMPPをローカル開発環境に構築する」こちらの記事でXAMPPをインストールしましたので、つぎにWordPressをローカル環境にインストールしたいと思います。

WordPressをインストールする!

まずはダウンロード

XAMPPが無事に思うように動いた(上のリンク記事参照)ので早速WordPressをダウンロードして、インストールをする!
http://ja.wordpress.org/

2014年4月6日時点でWordPressのバージョンは3.8.1です。
image_13690780314_o

 

データベースを作成する!

いまからphpMyAdminでデータベースの作成をする
phpMyAdminの開き方は記事先頭にあるリンク参照。

▼ まずデータベースをクリック。image_13690472093_o

▼ データベース名に「wordpress」と入力する。image_13690807684_o

▼ 作成ボタンを押すと、「データベース wordpress を作成しました。」とでる。左側のリスト一番下に作成した wordpress が表示される。
image_13690460345_o

設定ファイルをいじる

データベースを作成したら、WordPressの設定ファイルを作成します。
ダウンロードしたwordpressフォルダの中にある wp-config-sample.php を開きます。編集後、wp-config.phpとしてwordpressフォルダに保存します。

Windowsのメモ帳はNGです!(UTF-8に対応していないため)

今回は Sublime Text 2 を使って編集しました。

image_13690809044_o

赤い線で囲った部分について情報を書き換えていきます。

①(WordPress のためのデータベース名)

作成したデータベース名(wordpress)を書き込む。
define(‘DB_NAME’, ‘wordpress’);

②(MySQL データベースのユーザー名)

データベースにアクセスする場合に使用するユーザー名を入力。今回はローカル開発環境で変更していないため、 root と入力。レンサバはそのとき
define(‘DB_USER’, ‘root’);

③(MySQL データベースのパスワード)

データベース接続パスワードの入力。root のパスワードはXAMPP、MAMPがインストールされた時に自動で設定されている。ローカル開発環境ではXAMPPが空白。MAMPが root となる。レンサバはそのとき

define(‘DB_PASSWORD’, ”);

④(MySQL のホスト名)

データベースのホスト名。ローカル開発環境でデフォルトの localhost のまま。
define(‘DB_HOST’, ‘localhost’);

image_13690501753_o

これでひとまずOK。

データベースの接頭語

次にデータベースのテーブルの接頭語の設定をする。
もともと wp_ と設定されている。今回はそのまま。

image_13690811254_o

同じデータベースの中に複数のWordPressをインストールする場合は、この接頭語を変えて区別します。
‘wp_’ を ‘blog_’ などに変更してテーブルの作成もできます。

いよいよWordPressをローカルにインストールする

wp-config-sample.php の名前を wp-config.php と名前を変えて保存する。
もともとファイルがある場合でも上書き保存する。

image_13690811754_o

XAMPPの場合 C:\xampp\htdocsとフォルダ移動して、wordpressフォルダをそこにドラッグアンドドロップする。
MAMPの場合 Macintosh HD/アプリケーション/MAMP/htdocs
にwordpressフォルダをドラッグアンドドロップする。

image_13690813554_o

XAMPPの場合 ブラウザで http://localhost/wordpress(ドラッグアンドドロップをしたフォルダ名)/wp-admin/install.php と打ち込む。

MAMPの場合 http://localhost:8888/wordpress(ドラッグアンドドロップしたフォルダ名)/wp-admin/install.php

▼ するとようこそ画面が出てきます。
ユーザー名とパスワードが最初から埋まってます。書き換えてOK。image_13690814584_o

サイトのタイトル、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力してインストールボタンを押す。

▼ よわい。
image_13690815334_o

▼やったね

image_13690815814_o

▼ ユーザー名、パスワードはログインしてからでも変更可能です。
image_13690507663_o

▼ ダッシュボードはこんな感じです。

image_13690468875_o

おまけ(別のデータベース名でWordPressをインストールする)

image_13690526343_o

接頭語を wp2_ としたものを作ってみたという内容です。

まずWordPressのファイルをダウンロードしたらファイル名を wordpress2 としました。見出し「データベースを作成する」と同様の流れで wordpress2 のデータベースを作成しました。

次に記事の見出し「設定ファイルをいじる」の①の内容です。

define(‘DB_NAME’, ‘wordpress2‘);

としてほかは同じです。おわり。

-WordPress
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

phpmyadmin-sql

サブドメインを設定するためにしたこと3「phpMyAdminでSQL文を使ってURLの差し替え」

こんにちは、かー(@ykakey)です。今回はブログのリンクをphpMyAdminでSQL文を使ってリンク切れURLの差し替えを行いました。その過程をお伝えします。 リンク切れによって画像が表示されな …

[報告]サブドメインを設定しました

2014年3月26日の夜遅くにka-log.netからblog.ka-log.netにWordPressホームページを変更しました。また、パーマリンクの表記も変更しました。 詳しい経緯などを後日記事に …

diary

3月11日:Yahoo JAPANで「3.11」検索して10円寄付した

Yahoo JAPANで「3.11」と検索すると10円寄付できる 3.11、検索は応援になる。 Yahoo! JAPANで「3.11」というキーワードで検索された方おひとりにつき10円が、東北復興にた …

diary

2月9日:肉の日

さのさんがSugarinessにプラグイン入れたよ〜って言われてka-logでもつかってみることにした。 下のようなボタンを作れる。ボタンのスタイルは複数あり使い分けることができそう。 Shortco …

diary

2月18日:作業が進んだようで進まない

Sugarinessのファビコンをつくった。ここで→ http://favicon.il.ly/   あと記事に定型文を差し込むプラグインBottom of every postを導入してみ …

Facebookページ